M2Mテクノロジーズ株式会社

機械と機械をつなぐデータ通信のパイオニア


問合せ先:073-499-6422

2013年7月9日 高齢者見守りサービス『絆-ONE』に新システム採用

高齢者見守りシステム『絆-ONE』に新システム採用 -MKI提供のクラウドプラットフォームサービを活用してサービスの拡張を図ります-

情報通信システムや測定・監視システム等の開発、設計、管理運営等を行うM2Mテクノロジーズ株式会社(本社:和歌山県和歌山市、代表取締役社長:竹迫一郎、以下当社)は、当社が提供する高齢者見守りシステム「絆-ONE」のプラットフォームとして、三井情報株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:齋藤正記氏、以下MKI)が新しく提供する「M2Mクラウドプラットフォームサービス」を採用いたしました。

MKI社が新しく提供する「M2Mクラウドプラットフォームサービス」では、既にコネクタ、データベース、アプリケーションインタフェースが準備されており、当サービスを採用することで、開発期間を短縮するとともに、お客様への更なる良いサービスを早期に提供ができるようになると見込んでいます。また、導入後はアカウント数の増加や より高度なセキュリティーに対応し、自社開発製品だけでなく様々なM2Mサービスを提供する企業様との提携を行い、マーケットニーズにあったサービスを最小の追加開発費用にてスピーディーに提供することが可能になります。
「M2Mクラウドプラットフォームサービス」紹介: http://www.mki.co.jp/
■『絆―ONE』について 高齢者見守りサービス「絆ONE」
『絆-ONE』は、高齢化社会、核家族化の進む現代に急増する高齢者夫婦や独り暮らしの高齢者を、導入しやすい価格帯にて提供するために開発された、クラウドを活用する高齢者見守りシステムです。公共無線、インターネット、3G回線などの通信を組み合わせたハイブリッドデータ通信と、利用者が共通のクラウドシステムを利用することで、初期費用やランニングコストを抑えて安価にサービスをご利用することができます。高齢者を見守るソリューションでは、人感センサー等を利用して異常を検知し、自治体様やご利用者様のご家族にクラウドシステムを通じてお知らせする安否確認サービスのほか、ボタン通知で日常生活の支援を行うサービスを提供しています。 高齢者見守りサービス「絆-ONE」 サービスサイト: http://portal.kizuna-one.jp/

【本リリースに関するお問合せ先】
M2Mテクノロジーズ株式会社 管理部 担当:竹内
Tel:073-499-6422、FAX:073-499-6433、E-Mail:info1@m2mtech.jp

本リリースのPDFファイル acrobat.png

関連記事

  1. プレスリリース:長谷工コミュニティに見守りシステム提供を開始
  2. プレスリリース:長野県下條村で見守りサービス実証実験を開始
  3. プレスリリース:青森市で見守りサービス実証実験を開始
  4. プレスリリース:震災復興都市で見守りサービスを開始
  5. VDT作業時間管理アプリ無償リリースのお知らせ
  6. プレスリリース>一目瞭然!駐車場利用状況通知システム『空きナビ』実証実験開始
  7. 2014年5月17日記事:札幌「ICT利用研究会」、岩手の見守りシステム紹介
  8. WordPress対応改ざん検知オプション提供開始
  9. 和歌山県 1社1元気技術に「絆-ONE」が登録
  10. 「第21回 インフォ・フェア in わかやま」出展のお知らせ
  11. 2013年12月 年末年始の休業のお知らせ
  12. 2013年10月1日 印南町で日常生活支援サービスを開始

TOPPAGE  TOP