M2Mテクノロジーズ株式会社

機械と機械をつなぐデータ通信のパイオニア


問合せ先:073-499-6422

プレスリリース>一目瞭然!駐車場利用状況通知システム『空きナビ』実証実験開始

報道各位 

駐車場の空車状況が一目瞭然!
-駐車場利用状況通知システム『空きナビ』の実証実験を開始 

~観光地のハイシーズンに最適、一目瞭然の駐車場利用状況マップをスマホで簡単アクセス~ 


M2Mテクノロジーズ株式会社(本社:和歌山市黒田、代表取締役:竹迫 一郎、以下M2Mテクノロジーズ)は、ボタン通報器とクラウドシステムを活用した駐車場利用状況通知システム『空きナビ』の実証実験を和歌山県白浜町で8月9日より開始いたしました。

 本実証実験は、日本有数の観光地である白浜町で、夏休みの繁忙期に発生する渋滞緩和や交通事故への対策導入検討の一環として取り組まれます。 

M2Mテクノロジーズでは、発足当時から培われた高齢者見守りシステムの経験と、デジタル簡易無線(以下DCR)を利用した安価な長距離無線通信プラットフォーム技術を応用し、駐車場の利用状況を管理・発信するシステムの開発・導入を進めて参りました。 
今回実験するシステムは、「空車」「残少」「満車」「営業時間外」など最新の利用状況を、WEBサイト上に反映する運用を実現しました。情報は、文字で表示されるだけでなく、地図上に駐車場の位置にピンを置き、色分けにより、ひと目でリアルタイムな利用状況が判別できるようになっております。

 駐車場の運用者は、PCやスマホでの操作は不要で、ボタン通報機の3種のボタンを押すだけの簡単な操作で、「空車」「残少」「満車」の状況更新が可能です。「営業時間外」は、駐車場毎に登録された営業時間に合わせて、自動で変更されます。通信手段については、当社独自のDCRによるデータ通信を利用すれば、各駐車場でのインターネットの接続は不要です。また、データ通信量が非常に少ないため、格安携帯3G通信網の利用も可能です。このため、システム化の難しい小規模経営や、期間限定駐車場、イベント会場などの駐車場においても、利用可能です。

 白浜町では、夏の海水浴シーズンや花火大会時などのイベント時には、駐車場へと向かう車で幹線道路が大渋滞となります。しかし、一筋入った裏手の駐車場は空いている場合があり、こうした駐車場への誘導方法が課題となっていました。
本システムの導入により、観光客の流動性を高め、町全体の経済効果上昇が期待されています。

 M2Mテクノロジーズでは、本実証実験と併行して、入退場の比率が高い駐車場の安全対策と管理業務の省力化の提案を強化し、平成26年度中の商品化を目指します。

shirahamaparking.png
※画面は開発中イメージです。
 
【実験開始】  2014年8月9日
 【主な特長】 
  1. 駐車場管理者は、PCやスマホの操作を知らずとも 右図のボタンを押すだけの簡単な操作で、クラウド システムに利用状況を送信できます。
  2. 各駐車所に設置する機器は、お弁当箱程度の通信端末1台と 手のひらサイズのボタン通信機1台の計2台だけです。 デジタル簡易無線により、基地局と通信する仕組みなので、 インターネットの接続回線は、最低限基地局にあれば、 クラウドシステムへの送信が可能です。
  3. スマートフォンなどからサービス利用者自身で最新利用状況、 営業時間等がわかるため、不要な渋滞緩和が期待できます。 ※あらかじめホームページアドレスの周知が必要です。 ※地域状況に合わせた宣伝広告もサポートしております。
  4. 利用状況、営業時間などの表示だけでなく、駐車所の写真や、 駐車台数、利用料金、シャワー、コインロッカー等の併設設備も記載可能です。

■本ニュースリリースの詳細 
駐車場の空車状況が一目瞭然!-駐車場利用状況通知 システム『空きナビ』の実証実験を開始 (PDFファイル:約300KB) 

 ■お問合せはこちら
M2Mテクノロジーズ株式会社
所在地:和歌山県和歌山市黒田1-1-19 阪和第1ビル4階
電話番号:073-499-6422(平日10:00~18:00) 
担当:営業本部 神前(コウザキ)

関連記事

  1. プレスリリース:長谷工コミュニティに見守りシステム提供を開始
  2. プレスリリース:長野県下條村で見守りサービス実証実験を開始
  3. プレスリリース:青森市で見守りサービス実証実験を開始
  4. プレスリリース:震災復興都市で見守りサービスを開始
  5. VDT作業時間管理アプリ無償リリースのお知らせ
  6. 2014年5月17日記事:札幌「ICT利用研究会」、岩手の見守りシステム紹介
  7. WordPress対応改ざん検知オプション提供開始
  8. 和歌山県 1社1元気技術に「絆-ONE」が登録
  9. 「第21回 インフォ・フェア in わかやま」出展のお知らせ
  10. 2013年12月 年末年始の休業のお知らせ
  11. 2013年10月1日 印南町で日常生活支援サービスを開始
  12. 2013年7月9日 高齢者見守りサービス『絆-ONE』に新システム採用

TOPPAGE  TOP