M2Mテクノロジーズ株式会社

機械と機械をつなぐデータ通信のパイオニア


問合せ先:073-499-6422

高齢者見守り(緊急通報・安否確認・生活支援)システム「絆-ONE」

m2m_kizuna_01.png
m2m_kizuna_02.jpg

『絆-ONE』は、高齢化社会、核家族化の進む現代に急増する高齢者夫婦や独り暮らしの高齢者を、導入しやすい価格帯にて提供するために開発された、クラウドを活用する高齢者見守りシステムです。
公共無線、インターネット、3G回線などの通信を組み合わせたハイブリッドデータ通信と、利用者が共通のクラウドシステムを利用することで、初期費用やランニングコストを抑えて安価にサービスをご利用することができます。

高齢者を見守るソリューションでは、人感センサー等を利用して異常を検知し、自治体様やご利用者様のご家族にクラウドシステムを通じてお知らせする安否確認サービスのほか、ボタン通知で日常生活の支援を行うサービスを提供しています。

導入事例を今すぐダウンロード
インターネットから地域高齢者を一括モニター 緊急通報の誤報をゼロにします 高齢者に動きのない際は電話で安否確認。メールでお知らせします
管理画面でかかりつけ医や緊急連絡先が一目でわかります CATV網などの既存通信網の利活用、または低コスト自営ネットワーク設営し運用できます生活支援サービスへの繋ぎ込みを想定。第6期介護保健事業の実現を提案します

「絆-ONE」の特徴

人感センサーの見守り

いつでも、どこでも家族が見守れる

人感センサー及びボタン通報器を活用して、遠隔地にお住いのご家族ともコミュニケーションが取れる仕組みを実現致しました。

また、人感センサはカメラ不使用です。日常生活を覗くことなく高齢者のご様子をいつでもチェックすることが可能です。

m2m_kizuna_16.png

組織管理・閲覧権限を持つユーザーは複数高齢者を一括でモニタリング可能

PCやスマホ等を利用し、 インターネットから複数の地域高齢者を一括でモニタリング可能です。
1件1件巡回する必要はありません。

高齢者が扱いやすい通信端末

高齢者に使いやすく簡便な機器を提供し、バックグラウンドでは先端のIT技術を駆使することで、見守りサービスの利便性を向上致しました。

負担の少ない低価格な月額サービス

ハイブリッドネットワークシステム活用することで通信コストの大幅カットが可能となり、月額サービス料金を極めて低く設定致しました。

日常の生活支援を含むトータルサービス

ご高齢者の日常生活を支援するためのプラットフォームや、お買い物等の日常支援サービス環境をご提案致します。

「絆-ONE」ならではの機能

緊急通報時、安否確認を実施:緊急コールセンター

 

従来の緊急通報事業の隠れた問題、『誤報』。
コールセンターのインバウンド確認によるワンクッションを挟むことで 通報の大部分を占める誤報をカット。

本当に対応するべき通報のみをお繋ぎします。

 
きんきゅうボタン押下フローイメージ

アラートメール

毎日の指定時間や長時間動きのなかった際、指定メールアドレスへ動きが無いことをメールで通知します。

長時間動きのない時はコールセンターで電話で安否確認を行い、その結果もメールでお知らせします。

kiteitime.png longtime_start.png longtime_fin.png

画像は配信メールイメージです。


機微情報管理

kibi_joho.png

緊急通報時、長時間無反応時、救急対応者に高齢者の医療情報やかかりつけ医院を案内しなければならない際も、利用者詳細ページから簡単に確認でき、万一の際もサポートできます。

また、顔写真の登録が可能。初めて会う高齢者の本人確認にご利用ください。

選べる通信方法

既存インターネット網がある・携帯回線を利用

DCR親局・アンテナ設置が難しい場合や、各駐車場に既存インターネット網がある場合 既存インターネット網及び格安携帯3G通信網による通信が可能で、設置後すぐに使い始めることができます。

自営ネットワークを構築

当社独自のDCR(デジタル簡易無線)による自営ネットワーク通信を利用すれば、 各設置宅にインターネット環境は必要ありません。

DCRの詳細情報はこちらをご覧ください。

御用聞きコールセンター

「ごようききボタン」と「御用聞きコールセンター」で実現可能な、地域環境に応じた連携事業・運動への繋ぎ込み。ご高齢者の日常生活を支援するためのプラットフォームや、お買い物等の日常支援サービス環境をご提案致します。

※本サービス未使用の場合、御用聞きコールセンターは利用者のご相談内容をお伺いし、相談内容を見守り者代表にメール送信します。

絆-ONEをおすすめする理由

以下のような問題解決したい方に絆-ONEの導入、または検討をおすすめします。

現在の緊急通報事業の見直しを考えている

10台程度、1区域・単年度から実証実験したい

高齢化の進む地域自治の「孤独死・孤立死防止」に

駆付け前に安否確認のあるサービスを探している

高齢者日常生活支援を盛り込んだ地域包括ケアシステムの構築が必要

ご利用者様の声

見守り者(遠方のご家族等)

父(89歳)と母(83歳)の二人暮らしの実家まで、地下鉄を一回乗り継いで一時間程度の距離に住んでいます。以前から月に3~4回のペースで訪ねていましたが、昨夏に何度か心配な事態があり、それからは最低でも週に一度は泊まりがけ、ここ半年はさらに頻繁に行って様子を見ながら過ごしています。

そんな時に『絆-one』を利用することに。「遠隔地に住む方々」のためのものと聞いていたので、それほど遠くもない自分のようなケースはどうなんだろう?と思ったのですが、実際に使い出してみると、意外にそういう条件なりに便利なのだとわかりました。

まず、スマホからでもすぐに接続できるのが便利です。使い始めてからわかってきたのですが、日中に顔を見に行って接する程度ではわからない夜中の様子(トイレや睡眠の状態)が掴みやすいということがあります。できるだけ泊まれる回数を増やしたいのですが、こちらの生活もありますので毎日というわけにはいきません。日中でも突然動けなくなったのに連絡もできない場合だけでなく、何となく生活のリズムがおかしいぞ?というようなことを、何処にいてもすぐに、それもグラフという客観的なデータで察知することができるようになったわけです。

仮に同居していたとしても、出張や仕事などでこちらが留守になることはどうしてもあります。ヘルパーさんに来てもらうほどではない場合でも、こうして気配だけでも見守っていられることで、データの異変を感じたらすぐに連絡をとってみるなどの対応がタイミングよくできるので、お互いに適度な安心感が得られるようになったと思います。

殖田綾子 様(個人利用・ご契約者様)

殖田様、ご回答ありがとうございました。
弊社ではこれからも一丸となってよりよいサービス提供に務めさせていただきます。どうぞ宜しくお願い申し上げます。


「絆-ONEを利用していてよかった!」と思われた時はありますか?
はい。
センサーを居間においています。数日寝込んで動きがなかったことがありましたが、コールセンターが連絡をくれたので、寝込んでいることがわかりました。

それはどんな状況でどのような解決に至りましたか?
同居していた姉2名のうち1名が孤独死しました。長女が東京の当方に遊びに来た時に一人で亡くなり、発見に3日程かかりました。
頻繁に電話連絡は取っていましたが、私達はまったく気づかず、友人によって発見されました。
独居になった長女は心臓の具合も悪く、いつ発作を起こすかわかりません。具合が悪い時は赤いボタンを押すように家の中は持ち歩きしています。
寝込んだりいざという時には、安否確認をしてくれるサービスがあるというだけで、安心できるようになりました。

絆-ONEをおすすめするとしたら、どのような方におすすめしますか?できる限り具体的に教えてください。
独居高齢者。疾病のある方。
たとえ近所に住んでいても、毎日訪問したり電話する習慣がないご家族にはおすすめです。

「こういう人(または地域等)は絆-ONEが向かないだろうな」と思われる方・地域等があれば教えてください。
特に思いあたりません。

厚田様(東京都/主婦)

厚田様、ご回答ありがとうございました。
弊社ではこれからも一丸となってよりよいサービス提供に務めさせていただきます。どうぞ宜しくお願い申し上げます。


「絆-ONEを利用していてよかった!」と思われた時はありますか?
Yes

それはどんな状況でどのような解決に至りましたか?
親が、定期的にボタンを押してくれるようになったから。
親が、動いているのを確認できるから。

絆-ONEをおすすめするとしたら、どのような方におすすめしますか?できる限り具体的に教えてください。
まだまだ、一人暮らしの父や母を持つ、4,50代の人にお勧めします。

「こういう人(または地域等)は絆-ONEが向かないだろうな」と思われる方・地域等があれば教えてください。
もう、寝たきりになっている人。そうなってからでは遅いから。

絆-ONEで気に入っている機能・改良をご希望の機能がありましたら、理由を添えて教えてください。
人感センサー。
親に、自ら行動してもらわなくても、生活感がわかるから。

(広島県/団体職員)

ご回答ありがとうございました。
弊社サービスは日常生活が可能な、元気な方の万が一にいち早く気づくことを念頭に設計されております。
グラフからご様子を推し量れるのは、とても適度な距離感と思います。
今後とも絆-ONEのご愛顧をお願い申し上げます。

導入事例を今すぐダウンロード

お問い合わせ先

インターネットからお問い合わせ

こちらの問い合わせフォームからお問合せください。

お電話でのお問い合わせ

M2Mテクノロジーズ株式会社 営業部
電話:073-499-6422
(10:00~17:00/平日:月~金・弊社営業カレンダーによる)

までお電話ください。

絆-ONEシステムのポイント

絆-ONEは、地域にお住いの高齢者住民の方々が「緊急事態における一人暮らしの不安等を解消する」ために「3つの見守り」で生活の安確保し福祉の増進を図る仕組みです。
緊急通報システムなど従来の取り組みでは解決できなかった事案を解消し、地域における将来のサポート体制を作るために、各種助成金事業を活用したパイロット事業を実施し、地域連携モデル事業として取り組みます。

TOPPAGE  TOP