M2Mテクノロジーズ株式会社

機械と機械をつなぐデータ通信のパイオニア


問合せ先:073-499-6422

M2Mテクノロジーズ株式会社の強み

当社の強みの一つは極めて安価なデータ通信を実現できるプラットフォームを独自に開発し保有していることにあります。

使用する無線帯域は2009年に法整備されたデジタル簡易無線を活用します。一定時間継続してデータを送受信する通信システムを実現した企業は他になく、当社のみが保有する技術です。

公共無線のメリット・デメリット

メリット:

広域、安価な通信コスト、低設備コスト、自営無線通信ネットワーク構築

デメリット:

低伝送レート ※動画等大容量の転送に不向き

通信料で必要なのは年間わずか500円の免許使用料のみ

年間500円の免許使用料のみで活用できる公共無線を基盤に、既存の通信をハイブリッド化(組み合わせ)することで、安価なサービス料で地域の安心・安全を構築致します。

地域包括ケア支援プラットフォーム事業

・人感センサー情報サービス
様々な通信形態から高齢者宅の情報


TOPPAGE  TOP